seal

お名前シールは入園入学で大活躍しました

笑顔の子どもたち

この春、次男が入園しました。園で使う絵本カバンにコップ袋、パジャマ入れに上靴入れ…。用意するものがたくさん。子供が眠ったあと夜な夜なミシンと格闘する日々。入園準備もなかなか大変です。それに加えて、入園説明会で配られたたくさんの備品。もちろん『すべてにお名前を記入してください。』。長男の入園時には手書きで頑張りましたが、今回は事前にお名前シールを注文していました。
ネットショップで購入したのですが、色、字体、大きさ、本当に種類が豊富で、選ぶのもなかなか楽しいものでした。手書きじゃなかなかきれいに仕上がらない色鉛筆もシールなら満足の出来になりました。コップやお弁当など、毎日洗うものは油性ペンでは段々と薄れてしまいますが、ラミネートタイプのお名前シールなら安心です。ワンポイントのイラストが入っているものも購入し、入園前に「これは○○くんのマークだよ」と一緒に確認しました。まだひらがなを読めない息子も、イラストを見て自分の持ち物だと把握することが出来ています。まだまだシールが残っているので、小学校入学でも使えそうです。周りのママ達も入学の際、お名前シールを使っている方が多く、入園、入学等の行事の際は、忙しいママを助けてくれる頼もしい味方です。

入学時のお名前シールの強み

これから子供が小学校に入学して通う人はたくさんいると思います。そのような人に役に立ってくるアイテムは何かということですが、お名前シールです。お名前シールを張ることで、どのような強みがあるのでしょうか。それについてこれから説明していこうと思います。
1つ目は、お名前シールを自分の子供の服やものに張っておくことで所有権を主張できるということです。やはり小学校に入学すると、多くの生徒たちが通っているので、ものが混ざったりしやすい環境なのです。だから、物や服が誰のものであるのかということが分からなくなってしまうのです。
そのようなことになった時に役に立つのがお名前シールです。お名前シールを服やものに張っておくことで、自分のものであるということの証明になるのです。よってお名前シールを張っておくことで、物や服などの所有権を他人に主張できるようになっているのです。
お名前シールを張っていないものは、落とし物として扱われてしまうので、お名前シールを張っているかどうかで物の扱われ方が全く違ってくるのです。だから、お名前シールを張っておくことは重要であり、自分のものには必ず張っておくようにしたほうが良いと言えます。

お名前シールを入学前にどこで買うべきか

これから入学に向けて子供のものにお名前シールを張ろうと思っているけれども、どこでお名前シールを買えばいいのかさっぱりわからないという人はいるでしょう。やはり入学前には子供のものにはお名前シールを張っておいたほうが良いと言えるのです。だから、お名前シールをどこで買えるのかを知っておくことはとても重要だと言えます。これからお名前シールをどこで買うことができるのかということを具体的に説明していきたいと思います。
まず考えられるのは、手芸センターです。手芸センターには、特に服に張り付けるタイプのお名前シールが売っているのです。手芸センターは比較的安価でお名前シールを売っているので、家の近くに手芸センターがある場合には手芸センターまで行ってからお名前シールを買うのが良いと言えるでしょう。
ではお名前シールを買うために手芸センターが近く似ないという人はどうすればいいのかということですが、インターネットで買うといいでしょう。最近ではインターネット上には、お名前シールを売っているお店が沢山あるのです。特に最近は個性を出していけるようなお名前シールを扱っているお店が増えてきているので、そのようなお店で入学前に購入すれば、個性を出していけるでしょう。


物をなくしてしまう心配をなくすためにも、お子さんにお名前シールを入学時までに作成して貼り付けましょう!そうすることで、無くすことがなくなり、他人のものだと勘違いなどもなくなるのです!入学時のお子さん以外にも活用できるお名前シールをぜひつくってみませんか?

INFORMATION

ありがとう!お名前シール!

今年もお名前シールのお世話になりました。今年小学校に入学した娘の持ち物にぺたぺた貼りまくりました。幼稚園の時とは比べ物にならないくらい、名前を書かないと行けないものがたくさんありました。鉛筆、色…

兄弟揃ってお世話になっているお名前シール

我が家には小学3年生と年長児の二人の子供がいますが、二人共このお名前シールには、本当にお世話になっています。上の子が幼稚園に入園した時から、一体何枚のお名前シールを使ったでしょうか。我が家になく…

お名前シールを買って大正解!

幼稚園に入る前に防水タイプのお名前シールをインターネットから注文しました。幼稚園に入るとすべてのものに名前をつけなくてはなりません。水筒の蓋や本体、それからお箸一本一本にまで娘の幼稚園では棒タイ…

子供と一緒に出来る楽しい作業時間

お名前書きと言えば、母がサインペンで算数おはじきの小さい面に名前を一文字一文字書いて「小さい、大変」と嘆いていたのを思い出します。その感覚で「お名前書き大変なんでしょう?」と痩身しそうな位心構え…

MENU

TOP